白くきれいな歯に変えられます

術前

術後

白い歯は、清潔感や若々しさ、誠実さまでもイメージさせるもの。白くてきれいな歯をうらやましく思うことはありませんか? そんな方には、ホワイトニングがオススメです。

ホワイトニングとは、歯を削ることなく、身体に優しい薬剤を使って歯を白くする処置。かつては芸能人やモデルさんなどが受けられていましたが、近年では一般の方もたくさん受けられるようになりました。ホワイトニングなら、さわやかな印象もあなたのもの。人にうらやましがられる白い歯を手に入れませんか?

歯が黄ばむ原因

原因1:加齢 歯の内側の象牙質はもともと黄色みを帯びており、加齢によって黄色みは強くなります。また、年々表面のエナメル質が少しずつ削られて薄くなることで象牙質がすけて見え、歯が黄色くなったように感じるのです。
原因2:飲食物の色素 コーヒー、紅茶、カレーなどは色素が強く、経年によって歯を徐々に着色させていきます。
原因3:喫煙 タバコのヤニはべったりと歯の表面に貼りつき、歯の黄ばみを強くします。歯の白さを保ちたい方は、まずは禁煙をオススメします。
原因4:虫歯 虫歯を放置していると、歯は徐々に黄ばみ、最終的には黒ずんでしまいます。また、重度の虫歯治療で神経を取り除いた歯も、徐々に変色していきます。
原因5:テトラサイクリン 過去に、「テトラサイクリン」という抗生物質を長期的に服用していたという場合、歯が黄ばんでしまうことがあります。また、妊娠中の服用は、胎児の歯を黄ばませてしまうこともあります。

当院ではご自宅で自分のペースで白くする「ホームホワイトニング」をオススメ!

ホームホワイトニングとは、ご自宅にてご自分で行うホワイトニング。まず医院で歯型を採ってマウストレーをつくり、ご自宅でそれに低濃度のホワイトニング剤を注入して、毎日一定時間装着し、歯を白くしていく方法です。

STEP1 STEP2 STEP3
ホームホワイトニングのメリット・デメリット
メリット
  • 白さが長続きする
  • 低濃度の薬剤を使用するため、刺激が少なく身体に安全
  • オフィスホワイトニングよりも自然な白さになる
  • ご自宅で好きな時間に行える
デメリット
  • 効果が現れるまで数週間継続する必要がある
  • 白さの調節が難しい
  • 自分で行う必要がある
  • 歯がしみることもある

ホワイトニングで気をつける点

ホワイトニング前
  • ホワイトニング効果には、個人差があります
  • インレー(詰めもの)、クラウン(被せもの)などの人工物を白くすることはできません
  • テトラサイクリンによる変色には効果が出にくいことがあります
  • 虫歯・歯周病などがある場合には、そちらの治療が優先になります
  • 18歳未満の方、妊娠中の方は、ホワイトニングは受けられません
ホワイトニング中
  • 薬剤は、医師の指示にしっかりと従い管理・使用してください
  • ホワイトニング前には、きちんと歯みがきをしてください
  • ホワイトニング中に飲食・喫煙はできません
  • ホワイトニング期間中は歯が再着色しやすい状態になるため、喫煙や色素の強い飲食物は控えてください
ホワイトニング後
  • ホワイトニング後の白さを維持するために、定期的にメインテナンスを受けましょう

ホワイトニングの料金

ホームホワイトニング 全顎25,000円
片顎15,000円
追加ジェル(2本入)  3,000円

※料金は全て税抜きです。

目立つ銀歯にお悩みの方はコチラ