お口の健康を守る最終手段~抜歯~

大切な歯を抜く……という事態は、できるかぎり避けたいもの。しかし、どうしても抜歯が必要になるケースがあります。
近年歯を抜かない「非抜歯の治療」がいいと言われたりしていますが、状態が悪化しているにも関わらず残すという行為は逆によくないのです。悪い歯を残すことで他の健康な歯にまで悪影響を及ぼす可能性があります。
抜歯とは、お口の健康を維持するための最後の手段なのです。こちらでは、そんな「抜歯」についてくわしくご説明します。

抜歯が必要になるケース

Case1:虫歯の悪化 悪化した虫歯には、まず神経を抜く根管治療を行い、できるだけ抜歯を阻止できるよう努めますが、それでもトラブルが解決できない場合、また歯冠部がほとんどなくなっている場合などには、抜歯が必要になります。
Case2:歯周病の悪化 歯周病が重度にまで進行すると、歯を支える顎の骨や歯ぐきはかなり壊され、いずれ抜け落ちてしまいます。歯周病をさらに悪化させないために、抜歯を選択することがあります。
Case3:歯が割れている 表から見える部分だけでなく、歯根など見えにくい部分まで大きく割れたり欠けたりしている場合や、すでに歯が自立できなくなっている場合、また割れ目から虫歯や歯周病を悪化させると見込まれる場合などには、抜歯を選択します。
Case4:咬み合わせが悪い 矯正治療でも改善できないほど咬み合わせが悪い場合、またその咬み合わせによって、まわりの歯や歯周組織に悪影響を与えることが見込まれる場合などには、抜歯が必要になります。
Case5:治療効果が出ない 歯を残すためにさまざまな治療を試しても効果が得られない場合には、最終手段として抜歯を選択します。また、親知らずなどでその歯自体に問題はなくても、周囲に悪影響を与えることが見込まれる場合には、抜歯を選択します。

悪い歯をそのまま残しておくリスク

上の項でご紹介したようなケースであっても抜歯せずにいると、その歯のまわりだけでなく、全身の健康にまで悪影響を与えてしまうこことがあります。

悪化した虫歯を放置すると 悪化した歯周病を放置すると
悪化した虫歯を放置すると…… 悪化した歯周病を放置すると……
虫歯は悪化するにつれ痛みを増しますが、重度にまで進行すると神経が死んでしまい、一旦痛みがなくなります。痛くないからといって放置すると、歯根の先端は化膿したり炎症を起こしたりし、再び激しい痛みに見まわれ、顎骨炎や歯性病巣感染などを招いてしまいます。 歯周病が悪化すると、歯は支えを失い最終的に抜け落ちてしまいます。それを放置すれば、歯周病はまわりの歯にも広まり、次々と大切な歯を失ってしまうことになるでしょう。そこまで来ると、治療法はかぎられてどんどん難しくなり、費用や治療期間などの負担も増大してしまいます。

抜歯にならないために

抜歯は「最終手段」であることを、ご理解いただけたでしょうか? 抜歯をできるかぎり避けるために、日頃から次のことに注意しましょう。

予防と併せ、早期発見・早期治療を心がけましょう

虫歯や歯周病は、毎日の適切な歯みがきと医院での定期的なメインテナンスによって予防できる病気です。定期検診によって日頃から予防を意識するとともに、早期発見・早期治療努めれば、患者さんのご負担も最小限で済みます。大切な歯のために、定期検診を欠かさずに受けましょう。

歯並びが悪い部分に注意しましょう

歯並びが乱れている部分は、汚れがたまりやすいうえに歯みがきもしにくいのが特徴。どうしても虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。歯みがきの際には十分に注意しましょう。また、乱れがひどい場合には矯正治療が有効です。一度診察を受け、矯正治療も視野に入れましょう。

治療は必ず最後まで受けましょう

悪化した虫歯や歯周病の治療には、どうしても通院回数が多くなるもの。回数が多くなると、途中で通院をやめてしまう患者さんがおられますが、それは歯にもっとも悪いことだといえます。とくに、根管治療の中断は歯の内側や周囲に病巣を広げてしまうことになり、最終的に抜歯しか選択肢がなくなってしまうのです。そういった事態を防ぐために、治療は最後まできちんと受けましょう。

歯の大事な役割についてはコチラ